なぜITILの知識が必要なのか?

ITILとは

Information Technology Infrastructure Libraryの略で、「ITサービスの品質向上」「コスト低減」を目的に、ITサービスマネジメントにおけるベストプラクティス(成功事例)をまとめた書籍群です。実在する企業やサプライヤ、コンサルタントなどからITサービスに関する実際の運営方式やノウハウを収集しています。欧米では、ITの導入やプロセス管理を見直す際のデファクトスタンダード(事実上の業界基準)となっており、日本でも官公庁の入札基準になるなど必須の知識になりつつあります。

なぜ他の資格ではなくITILなのか?

業界および海外での事実上の標準資格です。

ITILは現在、業界および海外での事実上の標準となっており、国内でも公官庁のITサービス関連の調達仕様書や入札条件に含まれることが増えています。ITILの知識をベンダーと共有することにより、トラブルをなくし効率のよいITサービスの導入ができます。

ITサービスを全体の視点でとらえることができます。

IT関連の他の資格は、専門性のある1分野ごとに絞られたものがほとんどです。ITILはサービスに必要な知識全体を網羅し、実際の運用管理や改善サイクルまで企業全体の戦略を考えることができます。まさに発注者・経営者のためにまとめられた成功事例集です。

方法論ではなく成功事例です。

ITILで学ぶのは、会社名こそ公表されていませんが、実在の会社で、実際にうまくいった、成果が上がった、という事例です。実践に活かしやすいのが特徴です。

お問い合わせは今すぐこちら